Jメールの評判!会員の9割はセフレ募集?口コミで分かったメリット・デメリット

Jメールの評判!会員の9割はセフレ募集?口コミで分かったメリット・デメリット

Jメールは「ミントC!Jメール」のキャッチコピーでもお馴染みの老舗出会い系サービスです。

とにかく圧倒的なまでの運営実績を誇っているため、日本で出会い系サービスを試すならまずはJメールからと考えている方も多いことでしょう。

しかしJメールが本当に出会いやすいサービスなのかについては、改めて最新の情報を集めておくことをおすすめします。

この記事では現在進行形でのJメールの生の声を取り扱っているため、これからJメールに登録することを検討している方にとって必ず役に立つ内容となっています。

Jメールに関する基本的な情報

URL:https://mintj.com/msm/

会員数 600万人以上
会員属性(年齢層) 20代後半〜30代後半
料金 男性:約70円/メール1通、女性:無料
運営会社 有限会社エムアイシー総合企画
インターネット異性紹介事業届出 第90080006000号
運営責任者 榮 広輔
所在地 福岡市中央区警固2丁目18-5
電話番号 0570-032-280
登録に必要な書類 年齢確認ができる身分証明書・クレジットカード

Jメールは昔ながらのWebサイト系の出会い系サービスです。

アプリはApp Store版のみ用意されておりGoogle play版はありません。

使い勝手に関してもアプリ版はWebサイト版に劣るため、基本的にはWebブラウザ経由で登録・利用するようにしましょう。

Jメールのリアルな口コミ紹介

<評判の良かった口コミ例>

・「昨日の夜、 Jメールで出会った手慣れた人妻に 男の潮吹きやられたわw 全身ガクガクして意識飛ぶかと思った。」
引用元URL:5ch

<評判の悪い口コミ例>

<口コミを見てざっくり言うと>

  • 欲求不満の人妻やエッチ目的の女の子と出会えたとの報告多数
  • サクラや業者に警戒を呼びかける口コミは非常に多い
  • 実際に被害に遭ったという報告はそこまで多くはない

Jメールの口コミはサクラや業者、またはヤリモク利用者に警戒した方がいいといった内容のものが非常に多く目につきます。

これはJメールが長い歴史を持つ出会い系であるがゆえに、治安が悪いイメージが強く共有されているためと考えられます。

しかし実際に現在Jメールを利用している人の口コミを読んでみると、被害報告よりも成功報告の方が圧倒的に多いと言っていいでしょう。

Jメールが持つ3つの特徴

  • 日本の出会い系サイトにおける草分け的存在
  • 無料でもある程度雰囲気を掴むことができる
  • 日記や掲示板といった旧来のシステムが使いやすい

日本の出会い系サイトにおける草分け的存在

Jメールは20年近くにもなる運営実績を持つ、日本の出会い系サイトの草分け的存在とも呼べる老舗サービスとなっています。

これだけの長期間に渡ってサービス展開を続けていることからも、経営基盤のしっかりとした信頼の置けるサービスであることがよくわかります。

数多くの個人情報を渡す必要がある出会い系サービスを使うにあたっては運営会社の信頼性は無視できない問題ですから、その点でJメールは理想的と言えるでしょう。

無料でもある程度雰囲気を掴むことができる

出会い系の中には課金をしないとログインすらできないサービスもありますが、Jメールは男女を問わず登録だけなら無料で行うことができます。

本格的に利用するためには男性のみポイント課金が必須となりますが、登録時には無料ポイントがプレゼントされるためそれを使ってサービス全体の雰囲気を掴んでおくことが可能です。

実際に課金を始める前の段階でサービスの特徴を把握することができる点はJメールの大きな強みともなっています。

日記や掲示板といった旧来のシステムが使いやすい

最近の出会い系サイト・アプリは動画プロフやAIマッチングといった最新の機能を搭載していますが、それゆえに昔ながらの出会い系サイトのようにシンプルに使うことはできなくなっています。

それに対して老舗のJメールが持つシステムは「プロフィール・メッセージ・日記・掲示板」といった20年前とほとんど変わらない内容となっています。

特に日記や掲示板を経由して相手を探すシステムは最新出会い系サイト・アプリと比べると遠回りにも思えますが、自分のペースでじっくり自分好みの相手を探したい人にとってはむしろ使いやすいと言えるでしょう。

出会い系サイト・アプリおすすめ一覧を見てみる

Jメールを使って本気の恋人探しには不向き

Jメールはそのサービス開始当初からセフレ探しに強いことで知られています。

そのため年月を重ねるほどにセフレ探しや大人の遊び相手を求める利用者ばかりが集まるようになり、真剣な交際を求める男女からは敬遠されるようになっていきました。

そうした経緯から現在のJメールは残念ながら本気の恋人探しには向いていないサービスになっていると考えていいでしょう。

本格的な恋活や婚活をしたいのであれば、そうした用途に特化したタイプのマッチングアプリを使うのがおすすめとなります。

マッチングアプリおすすめランキングを見てみる

逆に軽い交際から始めたいのならJメールは最適な出会い系の一つです。

出会い系サイト・アプリは目的に応じて使い分けることが肝心となってくるため、Jメールで恋人探しをするといったミスマッチな使い方はなるべく避けるようにしましょう。

Jメールを利用してこそわかるメリット

  • 出会うための難易度はかなり低い
  • 中高年以上の男女を探しやすい
  • 大人の関係に関する交渉がスムーズ

出会うための難易度はかなり低い

Jメールは登録者数だけを見ると他の大規模な出会い系に負けているように見えます。

しかし実際に熱心にサイトを眺めているアクティブユーザー数に関しては決して他の超大手にも引けを取っていないため、出会いの難易度はかなり低めとなっています。

特定の年代や職業などに絞っていくと母数の違いによってマッチングが難しくなりますが、単純に遊べる相手を探すといった目的で利用すると出会いの確率は飛躍的に上がります。

中高年以上の男女を探しやすい

長い歴史を持つJメールだけに利用者の年齢層は平均して高めとなっています。

メインの年齢層こそ20代後半から30代後半となっていますが、そこを相当に外れた中高年層が一定以上の厚みで存在しているのはJメールの大きなメリットの一つです。

たとえば50代同士、60代同士といった他では困難なマッチングもJメールでなら十分に可能となるでしょう。

大人の関係に関する交渉がスムーズ

Jメール利用者の大半はセフレ探しや一夜の遊び相手探しをしているため、大人の関係に関する交渉は非常にスムーズに進みます。

他の出会い系やマッチングアプリでは相手の意思確認を取ってから具体的なデートプランを練るといった過程が必要になりますが、Jメールで出会った相手とはいきなりホテルに行けることも珍しくありません。

Jメールのデメリット

  • 要注意ユーザーが排除されていない
  • 男性への課金圧力が強い
  • 女性のプライバシーを守るシステムが不十分

要注意ユーザーが排除されていない

Jメールは露骨な業者や犯罪誘導をする悪質ユーザーに関しては可能な限りの排除がなされています。

しかしその一方でグレーゾーンにあるような行為を行う一般ユーザーが野放しに近い状態になっていることも確かです。

たとえば「キャッシュバッカー」と呼ばれるタイプの、還元金を目当てに男性を誘う女性ユーザーの存在は一部で問題視されています。

こうした女性はプロフィールを不自然に改ざんしていることも多いので、騙されないように注意が必要となるでしょう。

男性への課金圧力が強い

Jメールは1ポイント10円に相当するポイント課金システムを導入しています。

それ自体は出会い系によくあるものですが、Jメールはそのポイント課金の圧力が他のサービスと比べて強いと言われています。

たとえば他の大手出会い系では「メッセージ1通が5ポイント」なのに対して、Jメールではメッセージ1通が7ポイントに設定されています。

50円と70円で大差ないようにも見えますが、実際にデートに漕ぎ着けるまでには大量のメッセージ交換を必要とするためチリも積もれば重い負担となってのしかかってくるでしょう。

女性のプライバシーを守るシステムが不十分

Jメールは安全性に十分配慮されたシステムを完備していますが、やはり老舗ゆえに最新のマッチングアプリと比較してしまうと見劣りする部分があります。

一番大きな違いとなって現れるのは女性のプライバシー保護に関するもので、AIマッチングなどが導入できない関係上どうしても女性の身バレリスクなどは高い状態になってしまっています。

特に掲示板を使って交流する際には、極力個人情報に繋がる書き込みをしないように自制が求められるでしょう。

Jメール利用時に特に注意したいポイント

既婚者のヤリモクユーザー

Jメールはいわゆるヤリモクの利用者が大半を占めていると言っても過言ではありません。

ただし、それ自体は大人の関係を求める男女が簡単にマッチングできるという点でJメールの魅力ともなっているため問題とはならないでしょう。

問題になるのはヤリモク利用者の中には既婚であることを黙っている人が少なくないという点です。

既婚者と大人の関係を結んでしまうと、どうしても後々トラブルに発展するリスクを抱えることになります。

場合によっては相手が既婚者と知らないままセフレ契約をしてしまい、泥沼な状況に巻き込まれる危険すらあります。

そのためヤリモク同士でマッチングした際にも、相手の背景についてはそれとなく調べておくようにしましょう。

結婚詐欺やロマンス詐欺師

結婚詐欺やロマンス詐欺と呼ばれる事案は出会い系サービスとは切っても切れないものとなっています。

こうした被害に遭うのは男性よりも女性の方に多いので、未婚女性がJメールを利用するに当たっては男性の甘い言葉には最大限注意する必要があります。

繰り返しになりますが、Jメールを利用しているユーザーの大半は本気の婚活や恋人探しには興味がないという事実を忘れないようにしてください。

パパ活やお金目当ての女性

セフレ探しをする男性にとって気をつけておきたいのが、報酬を前提とした交際を要求してくる女性の存在です。

最近のパパ活ブームによって女性の中には出会い系で遊ぶ男性からはお金をもらうのが当たり前と思い込んでいる人も少なくありません。

互いの認識がズレている状態でホテルに行ってしまうと、事後にお金の件で揉めてしまう可能性もあります。

そのためデート前には必ずパパ活やお手当といったものに対する認識をすり合わせておくようにしましょう。

勧誘行為を行う人

Jメールは勧誘目的の業者に対しては対応を行なっていますが、それでも個人レベルで行われる勧誘行為までは完全に排除することはできません。

勧誘行為にはマルチ商法や投資詐欺に関わるものだけでなく、新興宗教に繋がるものも存在します。

軽い気持ちで一度受けてしまうと一生カモにされてしまうこともあり得るため、勧誘行為に遭ってしまったら半端に対応するのではなく一目散に逃げるようにしましょう。

カップルでの美人局

美人局には組織的に行われるものと、悪戯や小遣い稼ぎ感覚で行われるものとがあります。

特に相手の女性に恋人がいて、そちらの主導で美人局が行われるケースは対処が難しくなってきます。

密室に入る前には可能な限り怪しい雰囲気がないかを探っておくようにしましょう。また被害に遭った場合は泣き寝入りせずに届出をすることをおすすめします。

Jメールの口コミ評判まとめ

Jメールは長い歴史に裏打ちされた非常に使いやすい出会い系サービスです。

利用者のほとんどが大人の関係を求めているため恋人探しや婚活に向かないといった側面はありますが、目的が合致している場合には理想に近い出会い系サービスとして使うことができます。

ただし昔ながらのシステムを継続させているため最新のマッチングアプリにあるような機能は期待できないことは覚えておきましょう。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
婚活アドバイザー あかり

婚活アドバイザー あかり

婚活したいけど一歩踏み出せない。そんな男女向けのお役立ちブログ。相談者の気持ちに寄り添って婚活サービスの特徴を分かりやすく解説していきます。

-出会い系アプリ・サイト

今なら登録料14,300円→0円 ※12/12まで
エン婚活エージェント
【成婚実績No.1】始めやすく続けやすいオンライン結婚相談所